情報商材を売るアフィリエイトのメリットとデメリット

アフィリエイトには色々な種類があって、中には情報商材を売るタイプもあります。情報商材とは電子書籍に近いサービスで、ややディープなノウハウが紹介されている電子ファイルなのです。他のアフィリエイトと違って、キャンセルに関するメリットがあります。

情報商材アフィリエイトとキャンセルのメリット

そもそもアフィリエイトの報酬には条件があります。所定の条件を満たしていない限りは、報酬もキャンセルになってしまう事があるのです。
例えば美容商品は、キャンセルになるケースが意外と多いです。というのも美容関連の商品は、必ずしも新規で購入されている訳ではありません。リピート購入もあります。アフィリエイトの報酬は、初回購入のみ対象になっている事が多いのです。ですからリピート購入が発覚した時は、キャンセル扱いになってしまうケースがあります。
それと何らかの不正クリックです。いたずらなどの不正行為が発覚した時も、キャンセルになってしまう場合があります。せっかく報酬を受け取れる筈だったのに、キャンセルになるのは困るでしょう。
ところで冒頭で触れた情報商材のアフィリエイトの場合は、そのキャンセルになる確率が比較的低いと言われています。一旦はダウンロードが成立していれば、特に問題なく報酬が支払われるようになっているのです。
ですから物販型のアフィリエイトと比べると、比較的稼ぎやすいと言われています。

単価が比較的高い

また情報商材は、単価に関するメリットがあります。
アフィリエイトで稼ごうと思うなら、やはり単価も軽視できません。できるだけ単価が高い商品で稼ぎたいと思っている方も多いですが、情報商材は単価が高めなのです。かえって物販型のアフィリエイトよりは、稼ぎやすい一面があります。現にメルマガや動画などを駆使すると、情報商材のアフィリエイトは成約率も高くなる傾向があります。

情報商材のアフィリエイトのデメリット

以上を考慮すると、情報商材のアフィリエイトはメリットは非常に大きいですが、デメリットも1つあるのです。情報を提供する本人としては、メールアドレスなどを公開しなければなりません。色々と法的な問題があるので、販売者としては情報を一般公開するルールになっているのです。
ですから情報商材のアフィリエイトは、自分の個人情報が明らかになるデメリットはあります。逆に、メールアドレスを一般公開しても問題ないのであれば、おすすめのアフィリエイトではあります。比較的大きく稼げるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です