副業する時の注意点

ネットビジネスで、副業する事で気軽に稼ぐ事が出来ます。

アルバイトのように、仕事先まで足を運ばなくてもいいところもメリットの1つと言えます。

副業で稼いで誰にも言ってないのに会社にバレたりする事もあります。

それは、納税です。

会社員は、これこら紹介する事を知っている方はほとんどいません。

そんなネットビジネスで、気を付けなければならない事を紹介して行きます。
◾️休みの日は副業

副業でも、仕事をしなければ収入は発生しません。

休みの日に、朝早くから仕入れに出向かなければなりません。

休日でも、ゆっくりしている暇がありません。

稼げば稼ぐ程、働く時間が長くなり、気が付けば休日なのに、もう夕方てことも多々あります。
休み明け疲れが完全に取れてない事もあります。
◾️税金の知識も大切です。

副業は、やり方次第で、本業よりも稼ぐ事もあります。

本業のように、ストレスも が溜まらなく自分のペースで仕事が出来るので、年々副業の人気が出て来てます。

そんな副業ですが、必ず勉強しなければならない事があります。

それは、副業で稼いだお金の税金の事です。

副業で、『年間20万円以上』稼いだら、『確定申告』が必要にとなります。
しかし、年間20万円でも20万円稼ぐためにかかってくる必要経費があります。

必要経費が3万円だとします。

20万円-3万円=17万円、になります。

すると、年間20万円ではなく、年間17万円になるので、確定申告は払わなくてよくなります。
◾️経費

事業に関連する物かどうかが大切です。

この道具は、本当にこの事業に必要なのか、家庭で使われてないかがポイントになって行きます。

本当に、必要な物だけを選ぶ事がポイントになって来ます。

必ず、パソコン代・ガソリン代などの請求書や領収書は大切に保管しておきましょう。
◾️本業と副業の収入

本業として日頃の働いている会社員は、毎月給料が銀行に振り込まれます。

そして、仕事が終わって自宅に戻って副業を行います。すると、当たり前ですが、副業からも収入も発生します。
会社からの給料の中から『住民税』や『所得税』が天引きされて支払われています。

とても、助かります。

会社が社員の給料から計算して住民税や所得税などの税金が支払われてます。

会社からの給料以外の副業収入があると副業で得られた収入からも所得税を納めないといけなくなります。

もちろん、会社は個人が副業からの収入を得ている事を知りませんので、副業からの所得税は、自分で支払わないといけません。

ここで副業からの所得税を誤ってしまうと、会社に請求が届く事もあります。

そして、会社に副業をやっている事がバレてしまいます。
◾️面倒臭くて副業からの所得税払いたく無い

そんな方は、年間20万円以上稼がなければ大丈夫です。

月16,000円稼いで、192,000円を稼げば大丈夫です。
◾️会社にバレないようにするには、

どうせ、副業するんだったら、稼ぎたいですね。
上記で、紹介したような事を、気を付ければ大丈夫です。

しっかりと稼いで、納税を個人で納める事が出来るのであれば、会社にバレる可能性は少ないです。

もしこれでもバレるようでしたら、聞いている人が涙するぐらいの

納得する言い訳を考えて準備しておくと良いでしょう。
正直、副業収入が豊かになれば、心に余裕が生まれ本業の仕事も上手く行きます。

2018年からある大手企業も働き改革で、副業を認めるところも出来ました。

現に、それがキッカケで副業出来る企業が増えているのは確実です。

そのためにも、今のうちから自分で出来る事を、その日のために、探して温めておくと良いでしょう。

いざ、探そうとしても直ぐには見つかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です